Column
人妻援護会コラム

2022

10.10

Mon

男の風俗一人旅 信州 松本で「食」×「風俗」
仕事の疲れを癒したい……。そんな時は男の風俗一人旅。
知らない街で地元の女性と遊ぶ、これぞ男の風俗一人旅の醍醐味です!
今回、訪れたのは、長野県のほぼ中央に位置している松本市。うまいそばとうまい女性を食してきました。
【松本ってこんな街】
松本市は、北アルプスから流れる豊富な水源に育まれ、街道が栄え、古くから交易の拠点として繁栄してきました。
現在は、「日本の都市特性評価 2021」で全国9位(ファミリー視点では全国2位)。「環境」では全国2位、「生活・居住」では全国3位と、暮らしやすい街として、浸透しています。
子育て、医療が充実しているだけではなく、暮らす前からも手厚いサポートをしてくれる松本市。
その生活環境の良さから、ファミリー層が続々と移住しているそうで、若い奥様、熟した奥様たちが大勢住んでいます。
【松本の行き方】
東京から松本市へは、高速バス・夜行バスでおよそ3時間20分(3,800円~)

新幹線の場合は、まず北陸新幹線で長野駅へ。そこから在来線の『特急ワイドビューしなの号』に乗り換えて松本市に向かいます。移動時間は約2時間半。料金は9,510円です。

新幹線を使わずに移動する場合は、『JR特急あずさ』に乗ります。東京駅から新宿駅までは、中央線快速(およそ14分)。新宿駅から松本駅までは『特急あずさ』です。およそ2時間25分で到着します。
東京駅から松本駅までは、約2時間40分前後。料金は6,620円。家が八王子に近い場合は、八王子駅で『特急あずさ』に乗ることができるので、簡単に松本駅に着くことができるでしょう。
【松本の美味い食事】
松本といえば信州そば。長野といえば「信州そば!」というほど、そばは長野を代表する郷土食です。長野は冷たい気候や狭い土地なので、米や小麦が栽培しづらいといわれていました。そんな高冷地に適した食材がそばだったのです。ルーツとして多く登場するのが、山岳修験道の開祖・役小角(えんのおづぬ)。役小角率いる修行僧が携行食としていた『そばの実』を村人に伝えたことで広がったという伝説が残っています。
そんな信州そばを味わうなら、ここ!『みよ田 松本店』です。
ここは信州そばをメインに、季節の品や郷土料理を楽しめる店。馬刺しやお鍋などを食べた後でも、そばはつるりとお腹に入ってしまうおいしさです。ぜひ一度訪れてみてください!
【松本の美味い女性】
松本を訪れたなら、ぜひ遊んでいただきたいのが、松本人妻援護会のあゆみ奥様(40歳)!
見た目は、とっても上品な奥様なのですが、初対面でいきなり「私、毎日Hな事を考えているんです……、夫との生活では、もっとこうしてほしいっていう欲を抑えているんですが……、今日はみだらになってもいいですか?」と僕に聞いてきました。
もちろんです!!と僕。
すると、なんとあゆみ奥様、風呂に入っていない僕の息子をパクリ。
上目遣いに見つめるその瞳が、全身で僕を欲しがっていました。
その溢れんばかりのエロへの好奇心で、プレイは白熱!!
松本を訪れた際は、ぜひ、あゆみ奥様とみだらな時間を過ごしてください!
Top