Column
人妻援護会コラム

2022

11.19

Sat

男の風俗一人旅 秋の京都で「食」×「風俗」
仕事の疲れを癒したい……。そんな時は男の風俗一人旅。
知らない街で地元の女性と遊ぶ、これぞ男の風俗一人旅の醍醐味です!
今回訪れたのは、京都・祇園。今回もうまい飯と女性を味わってきました。
【京都ってこんな街】
修学旅行の定番となっている観光都市・京都。歴史情緒あふれる街並みは、まるでタイムスリップしたような気持ちになります。
どんな風景を切り取っても、絵になるのが京都という街。春夏秋冬を通して、観光客が訪れ、その数は年間8500万人以上に上ります。「そうだ、京都へ行こう」というキャッチコピーも有名ですよね。ふらっと訪れても、新たな発見・感動がある街――それが京都という街だと感じます。
【京都の行き方】
東京駅から京都駅に行くなら、交通手段はなにが良いのか。新幹線と普通電車、飛行機、車、夜行バスを、所要時間や料金を比較しました。
東京駅から京都駅に移動する手段として、最も早いのは新幹線。飛行機は大阪府豊中市にある伊丹空港(大阪国際空港)に到着しますので、そこからまた電車やバスに乗る必要があります。
【京都の美味い食事】
お茶屋さんが軒を連ねる花見小路、川沿いの柳に思わず見惚れてしまう祇園白川、清水寺への北からの参道として賑わいを見せる二年坂~三年坂など、祇園の観光名所はいずれも情緒たっぷり。
今回は、祇園四条駅から、わずか5分の場所にある、『ふじ原(ふじわら)』で食事しました。以前はミシェランガイドの常連だった『ふじ原』、ジャズが流れる優雅な和空間で食べられるのは、洋の要素も取り入れた独創的な和食です。四季折々の食材を、京料理の伝統的な技法と海外仕込みの技術を用いて織りなします。今回は1万3千円のコースとかなり奮発してみました。絶品だったのは、お造りの鱧、炙りで頂いたのですが、油が乗っていて絶品でした。
【京都の美味い女性】
京都旅行の〆といったら、やっぱり女性ですよね。
京都人妻援護会の『なぎこ』奥様を指名してみました。
なぎこ奥様は、若干28歳の若妻。
『褒めても褒めても褒め足りない容姿端麗』『そこらのモデルより数段上のスレンダーAAA美人奥様』との触れ込みだったので、本当かなあ……?と半信半疑で指名したのですが、これが当たりでした!!
一言で言うと、なぎこ奥様は清楚で可憐です。
こんな女性とエッチなことができるのか……!!と、玄関で会った瞬間、僕の息子は元気になりました笑。
プレイは、いちゃらぶ系。丁寧に舐めあげてくれて、恍惚とした時間を過ごしました。
高校生の時に年上の方としたのが、初体験だったという彼女。好きなタイプは、紳士だけど引っ張っていってくれる方なんだそうです。つまり、大人の男が好きってわけですね!京都近辺に住んでいる紳士の皆さま、ぜひ、なぎこ奥様をエスコートしてあげてください!

Tags

  • -
Top